Eventのご案内

有松鳴海絞展 彩 irodori@調布市 1/1-31

有松鳴海絞展 彩 irodori@調布市 1/1-31

ワインを飲みながら、伝統工芸の有松鳴海絞を眺める。そんな空間いかがですか?1月から始まる 東京都調布市若葉町2丁目にある「わいん場」。 こちらの商品も額ごとお買い求めできます。 あなたの好きな額に、好きな柄を切り取ってア ...
ワークショップ@二子玉川クラフトフェアのお知らせ

ワークショップ@二子玉川クラフトフェアのお知らせ

ニッポン手仕事図鑑さんより御依頼いただきました☆二子玉川ライズ「二子玉川クラフトフェア」11月25日(土)、26日(日)に二子玉川ライズで行われる「二子玉川クラフトフェア」に、ニッポン手仕事図鑑が出店します。お店のテーマ ...
【日本色彩学会 平成29年度 研究大会 】のお知らせ

【日本色彩学会 平成29年度 研究大会 】のお知らせ

【日本色彩学会 平成29年度 研究大会 】のシンポジウムで11月25日(土)に、活動についての報告と、また有松鳴海絞の新たな表現について発表します^_^会場では、作品展示とドキュメンタリー番組の上映もしております。当日は ...
1 2 3 9

日々の出来事

一番初めに作った作品

一番初めに作った作品

弟子入りがスタートし気づけば10年経ちました。初心みたいなのをずっと忘れたくなくて、一番初めに作った作品の写真をたまに眺めています。今日は、その作品を紹介したいと思います^_^学生時代がむしゃらに作り続けた作品です。賞に入ってしまった作品のほとんどは手元にはありません。ありがたくも大学に大切に保管されています╰(*´︶`*)╯♡   恐れ多くも一番初めに作った作品は、一番手間のかかる縫い絞りの技法「唐松絞り」でした。両はしに布をつけ、12本の針を使い1行を縫っていきます。1日8時間縫い続けても5行も進まなかったのを今でも覚えてます。初めて有松に訪れたときに、のちに弟子入りすることになるsuzu ...
有松鳴海絞りに出会ったきっかけ☆

有松鳴海絞りに出会ったきっかけ☆

こんにちは^_^有松で仕事をしていると、よく聞かれることがあるんです。有松鳴海絞りに出会ったきっかけってなんですか?そうですね、気づけば職人歴は10年。若手では、1番長い経歴になりました。そこで今日は、なぜ有松の職人になったとか?そのきっかけと、1番初めに手掛けた作品についてお話したいと思います。有松絞りに出会ったのは、大学の授業でした。15回の授業の授業中で、三ケチという言葉を知りました。もともと染色に興味があった私は、その三ケチをテーマに卒業論文を書き始めたのがきっかけでした。三ケチとは?古くから日本で行われてきた染色技法です。蝋纈(ろうけち)、夾纈(きょうけち)、纐纈(こうけち)があり、 ...
有松絞 若手グループ「ist」

有松絞 若手グループ「ist」

 有松にあるゲストハウスMADOで、マルシェをきっかけに有松で活動する若手メンバーが集まりました☆今日はそのメンバーで作っている商品を紹介したいと思います。「ist」(イスト)という名前で、5人で活動しています。「ist」(イスト)とは?「一石を投じる。」の頭文字をとってistと名付けました!(^^)! 【ist第1の商品 ARIGAMI】まずみんなで初めに作った商品は、それぞれの得意技法を和紙に施した「ARIGAMI(ありがみ)」です。その名の通り有松の技法で染色した折り紙ですよ☆この中で私はお得意の「手筋絞り」を担当し黒色に染色しました。REED EYESの藤井君は、巻 ...

©AyaOsuka