2019「絞り展 ~有松から四間道を結ぶ天の川~」

   | 

「絞り展 ~有松から四間道を結ぶ天の川~」
2019年7月27日(土)~8月4日(日)
Open 12:00-18:00
7/29(月)・7/30(火) は休廊
円頓寺七夕祭り8/3(土)・8/4(日)は19:00まで
四間道 エスプラナードギャラリー
名古屋市西区那古野1-34 -1
国際センタービルを東へ、3本目を左折して300M左側
名古屋駅 徒歩16分
TEL/FAX 052-870-0827
http://www.dessert.co.jp

江戸から続く2つの町並み、「四間道」と「有松」。名古屋城築城の石垣造りがきっかけとなって発展した「有松絞り」。そんなご縁と円頓寺七夕祭りにちなみ、織姫とひこ星をテーマに三人の絞り作家が新作を携え、四間道で築150年の古民家を涼やかに彩ります。
3回目となる恒例の絞り展、今回はこの地区が四間道会場として開催される愛知トリエンナーレのパートナーシップ事業として、この国際的なアートイベントの賑わいに華を添えます。

(出品作家)
安保成子
大須賀彩
藤井祥二

開催期間中のうち7/31〜8/4は、円頓寺七夕まつりも開催。
8/1からはいよいよ「あいちトリエンナーレ2019」も始まり、円頓寺界隈もまちなか会場として賑わいます。
今年、日本遺産にも認定された有松を中心に活躍する作家三名による「絞り展」。まさに伝統とモダンがスパークする、染めと絞りの手仕事の間へ、ぜひお気軽にお立ち寄りください。